• banner image1
  • banner image1
  • banner image1

  > PRODUCT   HOME > RRODUCT > Auto moment limiter system
무제 문서
    Overload limiter for Crane
    Load cell
    Load cell indicator
    WIRELESS CHECK REMOTE
    CONTROL SYSTEM
    Remote controller RCON
    Portable wireless remote BTR BTL
    Wireless remote control BLOAD
    Overload limiter SAFELO
    Load limiter SH-1000 / SH-700
    Digital laser staff
    Large display
    Ansmometer & Anemovane
    Load measurement system
    Auto moment limiter system
    Dosing Equipment
    Crane cabin
 
 > Overload protection safety devices
 
 
 
 
海上用クレーン引き揚げ荷重範囲の制御システム
AUTO MOMENT LIMITER SYSTEM FOR BARGE CRANE
 
より精密に、より安全に大型構造物引き揚げにカスタマイズさ
れたシステムで作業効率を最大化することができます
 
 
本システムは、海上クレーン(フローティングクレーン)のオートモーメントリミッターとしてロードセルを利用して、荷重を検出し、ブーム角度センサを用いブームの角度を検出作業半径に応じた引き揚げ荷重の範囲を制限するシステムです。 17インチの大画面ですべての作業状況を表示することで、大型構造物の引き揚げ時に、より安全な作業が可能です。
 
 
選択仕様及び基本構成項目
 
 
 
天安艦沈没...大宇造船海洋3600t級の海上クレーン [海上クレーン救助に参加、大きな意味]
以前24日終わった天安艦引き揚げ作業に大宇造船海洋の隠れた功労が明らかになり、ほのぼのとした企業の美談となっている。今回の引き揚げに大宇造船海洋は700億ウォン程度の売上減少リスクを抱いた。でも、大宇造船海洋ナムサンテ社長が「国家的仕事に企業利益など追求するところではない」とし、積極的な支援を指示して行われたという裏話だ。天安艦の艦首引き揚げを担当した海上クレーンは、慶南巨済市大宇造船海洋玉浦造船所で使われている国内最大規模の3600t級海上クレーンの「大宇3600号」である。
3600t級のクレーンは、国内には大宇造船海洋が2基、サムスン重工業が1基を保有している。しかし、激流の西海の海底25mの中に、右に90度で倒れた艦首を立てて海上に引き上げられるのは、単なる大型海上クレーンでは難しい技術である。したがって、海軍は3基の海上クレーンを連結、5000t規模の橋形クレーンを一気に運搬する「並列海上クレーンを利用したワンタイムセッティング工法」と3000t以上の超大型スーパーブロックをドライドックに直接運搬する「リングタイプ搭載工法」など様々な大型構造物の引き揚げ経験を保有している大宇造船海洋に支援を要請した。また、以前4日造船所を出発し、8日現場に到着した大宇3600号は、徹底した準備期間を経て国民の期待を裏切ることなく、油の流出などの問題もなく艦首を引き上げることに成功した。
 

 

 
 
 
 
 
 

 

 

 


   
   
新韓電子機器 ロゴ Copyright 2011 by SHINHAN ELECTRONICS Co. All Right Reserved
Head Office and Factory : 52, Saha-ro, Saha-gu, Busan, Korea TEL : +82-51-262-3260~2 FAX : +82-51-262-0312
China Factory : Kunshan Shinhan Electronics Co.,Ltd.   Lucheng Road, No.1681 Yushan Town, Kunsan, Jiangsu, China
                           TEL:+(86)-512-57768461~3 FAX:+(86)-512-57752701
Seoul Office : R/M813 River tower, 50, Beodeunaru-ro, Yeongdeungpo-gu, Seoul, Korea  TEL : +82-2-2675-2830~1 FAX : +82-2-2675-2832
Keongin Office : R/M301, 29-16, Deogyeong-daero 511 beon-gil, Jangan-gu, Suwon-si, Gyeonggi-do, Korea TEL : +82-10-5320-3262
Seoul Agent : R/M301 Chinhung, 41, Beodeunaru-ro, Yeongdeungpo-gu, Seoul, Korea TEL : +82-2-2675-6796 FAX : +82-2-2675-6506
Singapore Agent : KSR ENG.PTE.LTD No15-A JAlAN SONGKET, Singapore 537389 TEL: +65-6487-6686 FAX: +65-6487-6866
  Subsidiary company
Shinhan Huvance Co.,Ltd.
Technology R&D Dept.: 52, Saha-ro, Saha-gu, Busan, KOREA Tel +82-51-262-3260~2 Fax +82-51-262-0312
Eonyang Factory : 15, Sujeong-gil, Duseo-myeon, Ulju-gun, Ulsan, KOREA Tel +82-52-254-3262, 3264~5 Fax +82-52-262-3322
Shinhan RESCO Co.
52, Saha-ro, Saha-gu, Busan, Korea TEL : +82-51-624-3201~2 FAX : +82-51-264-3203
   
  新韓電子機器 ロゴ